INTRODUCTION

 
 
                MAGICAL NINE いのちを巡る旅。        
 
 約60万人の兵隊の遺骸が、
       国外に今も放置され続ける国・日本。



 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
   
       
      ●事の始まりは、
            たまたまアフニスタンに
                    行った事だった●
 
  時は2003年。


あの9.11アメリカ同時多発テロ事件の報復爆撃が行われて、約1年半が経過していた。そこで目にしたのは、廃墟の群れと朽ちた戦車。そして避難民テントに暮らす、家のない子ども達。  



  ただの平凡な、戦争を知らない世代の1人だった私
は過酷な現状を真摯に生きる市民たちを知り、衝撃を受ける。



 「罪のない子供や、市民たちの命を翻弄する戦争の不条理。」カメラはそこから、目を離さない。映画は、主に4つのパートで構成される。
 
 

Ⅰ.アフガニスタン~AFGHANISTAN~
 

 濁った水を回し飲みしている子どもたちを目撃し、井戸掘り支援
に関わろうとする私。次第に治安は悪化し、アフガニスタンは戦争の泥沼に陥る。航を断念せざるを得なくなった私は、日本で高松空襲の体験者と出会う。
                                                            

©清田学

Ⅱ.空襲


 第二次世界大戦中の1945年
7月4日。香川県高松市はアメリカ軍による空からの攻撃を受け、1,359名が命を落としたといわれる。家を焼かれ大火事の中を逃げ惑った生存者は、数十年来、無償で語り継ぎを続けてきた。アフガニスタンの子どもたちと同じ体験をした人達が、自分の国の足元に沢山いた事実に、改めて気づかされた私は、日本の戦争体験者を訪ねる旅に出る。

提供:高松市

 
 
Ⅲ. 放置され続ける、日本兵の遺骸。
          ~西部ニューギニアへ。~

 第二次世界大戦の日本兵の海外戦没者数は、厚生労働省の発表で約240万人。戦後約70年経った現在も、約120万人もの遺骨が未だ行方不明とされる。海外で多くの日本兵の遺骸が、野ざらしになっていると聞いた私は、ご遺族たちとかつての戦場に向かう。

 

 
 私達を出迎えたのは、戦後約70年を経て尚、未だ生々しく見捨てられた、戦場の跡だった。

 
 
 
 



 
Ⅳ.生存者は語る

 かつてのニューギニア戦の生存者・飯田進氏は、高齢となった現在、入退院を繰り返しながら、著書や講演を通して、戦場体験を語り続けている。そこから、ニューギニア戦の驚くべき実態が浮かび上がる。
 私たちは、過去の史実から、戦争から、何を学ぶべきなのか? 
 
 

   
 
 
 
かつての命たちが、今、語りかける。
                    あなたは、
                        どんな「未来」を
                                     選択しますか?